インターネットでのリサーチが効果的と言われている!なぜ!その理由とは?

インターネットでは本音が現れ易い

市場を調査する場合は、街頭などで行う事がありますよね。人は、実際に対面して話す時と、プライベートの時間などで自宅にいる時は、違う人物像が現れる事がありますよ。対面を行う場合、心理学ではペルソナと呼ばれ、社会に適応するために人は仮面をかぶり体面を保とうとする働きがあります。街頭での市場調査では、純粋なデータを集め難いと言われ、インターネット調査の方が純粋なデータを集め易いと言われていますよ。友達同士などで歩いていれば、本音を知られたく無い事もありますよね。匿名性が高いため、リラックスをした状態で答えれる事も理由の一つとして挙げれるでしょう。

費用を抑えて情報を集め易いメリットもある

街頭で市場調査などのアンケート調査をする場合は、人を使って行う必要性があるため人件費がかかりますよね。集めたデータをデジタルデータに置き換えるための入力作業も必要となる事もあるでしょう。インターネットでのリサーチであれば、入力をするユーザーはデジタル機器を扱って入力を行うため、デジタルデータに置き換える必要性がありませんよね。入力の内容をサーバーで処理させれば、自動で集計と計算を行ない、グラフによって分かり易く表示する事も可能ですよ。

様々な情報を集め、共有し易いメリットがある

市場調査を行う場合は、企業がメインに扱うサービスに対して調査を行う事が一般的ですよね。例えば、ケーキであれば、ケーキの種類についての好みなどについて調査をします。ケーキの模様や、花の飾りなども、競合になっていない業者の他社が詳しい事も考えられます。調査をした内容を共同で持ち合わせておく事によって、サービスの質を最大限に高めて行く事が出来ますよね。情報を他社に売ると言うビジネスも考えられますよ。インターネットによるリサーチは、デジタルデータであるため、アンケート用紙の作成や、書類の紛失、必要な情報の検索など、様々なメリットがあります。

ネットリサーチとはインターネットを使ってお客様のニーズを調査することです。たとえばインターネットを使ったアンケート調査が該当します。