本当に使いやすい!キッチンリフォームのコツ

デザイン選びが楽しい!水栓金具

キッチンリフォームをするときに、デザイン豊富な水栓金具は水まわりのアクセントにもなりますよね。シングルレバーが主流ですが、ツーハンドルはデザインのかわいらしさで人気ですね。タイルのワークトップとホウロウシンクに合わせれば、クラシックな雰囲気も演出できますよ。機能面では、センサーで感知し、直接触れなくても水が出たり止まったりする水栓は、料理中に便利ですよね。シャワーのノズルが伸びるタイプなら、シンクを掃除するときに重宝しますよ。

上手な収納で使いやすさが決まる!

食器やカトラリー、鍋やフライパン、家電製品までいろいろな道具が集まるキッチンでは、収納力をアップするアイテムが欠かせませんよね。まずスイングアップ扉が収納として役立ちますよ。吊り戸棚は開けた扉が邪魔になるうえ、上のほうまで使わないものですから、手の届く高さだけに設けるのが使いやすいでしょう。缶詰やビン類、乾物をストックする食品庫も便利ですよ。スライド式で、左右どちらからでも取り出せるものが使い勝手がよく、スッキリ片づきますね。

掃除が苦手なら汚れが落ちやすい素材を!

キッチンの汚れが気になる人は、リフォームするとき、レンジフードや収納扉などに手入れしやすい素材を選ぶといいでしょう。掃除好きなら、それほど気を使わなくてもいいのですが、掃除が苦手という人は、素材を吟味する必要がありますね。シンクは、ステンレスの場合は水アカが目立ちやすいので、防汚加工が施してあるものか人工大理石がおススメですよ。人工大理石も、手アカや水アカが目立たない石目模様などを選ぶのもいいでしょう。

玄関ドアリフォームを依頼するにあたり、それぞれの専門業者の施工事例や料金体系に目を向けることが大事です。