営業代行会社に依頼して商品説明のアポイントを取ること

社員を採用すると固定費になる

営業を好んで就職する人も転職する人も少なく、就職難の時代でも多くの営業の求人があります。特に新たに起業した会社のおいては、世間一般に知られていない商品を売り込むためには相当な営業力が必要になります。また転職してくる人にとっても扱ったことのない商品を販売することに対して抵抗を感じてより好みする人もいます。営業として社員を採用するにしても、その人の営業力について知らないにも関わらず社員として採用するにしても起業したばかりの会社にとってはリスクがあります。

出来高制で費用を支払う

そのような場合には営業代行を外注する方法があります。社員として採用するのではないので、固定費を負担し続ける心配もないです。採用すると営業力が足りないとわかっても簡単に首にすることはできないです。その点、営業代行を外注し契約することで出来高によって費用を支払うことができるために商品が販売されただけの費用の支払いだけで済むために効率的です。起業したばかりのようなケースでは費用負担を少なくするには最適な方法です。

アポイントを営業代行会社に取ってもらう

営業代行は会社の営業部門として、会社の名を持って営業をおこないアポイントを取ったり、商品説明の日取りを確定します。実際に商品の詳細な説明は会社の営業の社員がおこないます。そこまでの橋渡しを営業代行会社の社員がおこなうことになります。営業代行には実際の商品説明の前の段階までの営業をおこなってもらうために、詳細な商品知識は必要なく、単純にアポイントがとれる営業力があれば十分です。アポイントが取れるような施策は営業代行会社の方でおこなうために、結果だけを待つだけで済みます。

営業代行は新規事業を立ち上げた際に活用することが有効です。新規事業が軌道に乗って来た段階で、自社の営業社員を導入するとコストを削減することが出来ます。