自分のやる気だけでは不十分!?起業に必要なのは消費者からの必要性

自分のやりたいことを起業する

会社に働いている人の中には、人に使われて仕事をするのではなく、自分のやりたいことを人を使ってやり遂げたいと考える人もいて、そのような人達は自分で起業することが多いです。その自分のやりたいことに対して共感してくれる人が集まって会社ができます。しかし、起業する際に一番大切なのは、自分のやりたいことに共感した社員が集まることではなく、それを消費者が納得して購入してくれるか否かということで、それが起業の成否を決定します。

やりたいことが周囲に納得されること

現在ある企業の多くは消費者から必要だと思われて存在しています。消費者からの支持がなければ存続はありえないのです。そのために起業する前には十分に検討する必要があります。これからやろうとすることが消費者に受け入れられるかが重要になります。そして起業する際には銀行との折衝も必要になり、起業のための資金を借りる際には起業計画を数値で説明しなければならないのです。その時に銀行に納得してもらって、借入をすることができるかどうかが、消費者に受け入れられるかの基準にもなります。

起業した後に存続し続けるために

そして起業できたとしても、市場の変化によって受け入れられなくなったり、売れなくなったりすることもあります。そのような場合に変化に対応した形で消費者に提供し続けることができる柔軟性も必要で、いくつもの引き出しをもって起業に臨むことが大切です。消費者にその企業価値を認めてもらうことが、企業が存続し続けるために重要であり、常に消費者の観点から商品開発等をおこない必要に応じてマーケティングをすることが大切です。

フランチャイズとは店の看板や商品を貸し出し、売上の一部をロイヤリティとして支払うことです。場所さえあればマニュアルがあるのですぐにできます。