こんなことでも詰まるの!?トイレ詰まりの意外な原因

「このくらい良いだろう」がトイレ詰まりの原因

トイレは大変デリケートな設備です。そのため一般的な用法を守っていても、トイレ詰まりを起こすことがあります。よく手持ちの小さいゴミなどを「このくらいなら流しても詰まることは無いだろう」と思って流すと、たいていの場合詰まりを誘発させてしまいます。異物はどんな小さいものでもトイレに流してはいけません。意外かもしれませんが、トイレに流された異物でかなり多い比率を占めているのがボールペンです。細長いものでもトイレは必ずと言って良いほど詰まってしまいます。

「トイレに流せる」シリーズの商品を流す時は注意する

近年、「トイレに流せる」を謳い文句にした商品が多数発売されています。例えば便座シートや紙オムツでトイレに流せるものがありますが、これらを本当にトイレに流す際には注意が必要です。トイレは、水溶性のトイレットペーパーを流すことを基準に設計されています。トイレに流せると言っても便座シートや紙オムツは確実にトイレットペーパーよりも水に溶けにくいため、詰まりの原因になってしまいます。どうしても流さなければいけない時は、絶対に少量を流す、もしくは切り刻んで小分けに流すなどといったことを心がけておく必要があるでしょう。

トイレには一定の水量が必要

トイレを見ていると水が勿体無く見えてきたために、タンクに水入りのペットボトルを入れる。かなり以前によく見られた節水方法ですが、これはトイレ詰まりを誘発する良くない行為です。トイレは一定量の水を勢い良く流すことで、便器に貯まったものを排水管に押し出します。その水量が足りなくなってしまうと押し流す力が弱くなり、排水管にものが貯まって詰まりが発生してしまうのです。トイレの水は必要だからそれだけ流れているのだと心得て、流すに任せましょう。

水漏れの場合、余分な水道料金が掛かってしまう他、建物へダメージを与える恐れもあるため、迅速な対応が重要となります。