大きなファイルも楽に転送!大容量のクラウドストレージ

大きなファイルを送るには

写真、動画などのデータは、スマートフォンやカメラの中にためておくと、いずれストレージがいっぱいになってしまうので、パソコンなどに転送しなければなりません。また、友達と共有するときも、転送の作業が必要になります。これらを転送するとき、様々な方法がありますが、簡単に送ることができるのは無線で送る方法です。お薦めの方法として、インターネット上のストレージサービスを使う方法があります。いつでも受け取れるのでとても便利です。

ファイルの具体的な転送方法

クラウドストレージサービスは多く、どれを選べばよいのかわからないかもしれませんが、大手のものであれば問題はありませんので、すでにアカウントを持っているものを選びましょう。送る時は、スマートフォンでは専用のアプリを、パソコンではブラウザーを起動します。そこから必要なファイルをクラウドストレージに転送します。転送したら受け取りたい端末でログインし、受け取るだけです。ほかの人に送る場合は、urlを発行し、そこからダウンロードしてもらうとよいでしょう。

転送するときの注意点

様々なメリットがあり、非常に便利なクラウドストレージですが、利用する際に注意しなければならないことがあります。まず、送るファイルのサイズです。ストレージの容量は大きいですが、それでも大量のデータを送るといっぱいになってしますので、いらないものは消しましょう。また、スマートフォンから送る時は、モバイルデータ通信で送るのではなく、必ず無線LANから送りましょう。これらを注意すればより便利に使えるでしょう。

大容量ファイルの送信をメールで行う際、大変な時間がかかったり送れないという場合があります。その場合の対策として、ファイルを圧縮する、分割して送る、そしてファイル転送サービスを使うという方法があります。