レイアウトは効果的に!倉庫内でのコミュニケーション力を高めよう!

倉庫内のレイアウトを一新!

倉庫作業は入荷から始まります。入荷検品を終えた在庫は棚入れされます。入庫された在庫から出庫し最終検査場に送られればトラックに積まれ配送されます。どのような仕事においても生産性の向上が求められますが、倉庫でもスピードと品質を高めるために工夫をしなくてはなりません。管理型のレイアウトから動線を考えたレイアウトに一新するなども生産性を上げる策と言えるでしょう。工夫といものは失敗を繰り返すことにより学ぶものでもあり、失敗を恐れずに工夫していくことも生産性向上に繋げる一歩と言えるのです。

単純明快こそ生産性に繋がる!

作業自体のスピードアップには限界があります。10年勤務しているベテランの作業レベルはマックスに達していますので、これ以上は無理という生産性もあるでしょう。実作業の中には無駄な時間が必ずあります。景色が同じように見える大型倉庫では、どこに何があるのか分かりにくいことも多々ありますので、探す行為を無くせばロス工数も減らせます。表示物は文字ではなく色の表示するべきです。文字を読ませる表示ではなく、色で識別する表示を作ることで作業がスムーズになれば、生産性は自ずと上がります。表示を単純明快にすることでロス工数を減らせます。

コミュニケーション力を高めよう!

手間のかかる作業は昔からの成り行きで出来上がっている可能性があります。スピードや動線を考えて作った作業ではない場合も多々あります。意味の無い作業や短縮出来る作業がないか指摘し合うことも大切です。良い倉庫にするために意見交換すればひらめきも得られますし、コミュニケーション力を高めることでもチーム力という生産性に結びつくことでしょう。物流倉庫においてはミーティングを大切にして密に話し合うことにより現場力を育てていくことが最も重要です。

3PLを導入することで物流の問題を解決して、効率化によってコストの大幅な削減も実現することが出来ます。