再販業者も販売代行業者も共に代理店と呼べるものなのでしょうか?

販売する商品の所有権のあるなしによる業者の区分

日本では販売仲介業者というものが明確に定義づけされていないので、代理店、問屋、商社と呼ばれているものの区分もあいまい、というのが実態です。しかし英語では、これが所有権を持つ「ディストリビューター」と、所有権を持たない「セールスレップ」というように、明確に区別されています。簡単に言えば、自社でいったん購入した(所有した)商品を再販するのが「ディストリビューター」で、商品の購入はせず(所有せず)に販売だけを代行し、売上の成功報酬というコミッションを得るのが「セールスレップ」なのです。

再販業者と販売代行業者との違いとは?

その業者がディストリビューター(再販業者)である場合には、メーカーとの取引はディストリビューターが製品を購入した時点で終了するので、その後、ディストリビューターが法外な値段でメーカーから購入した商品を販売(再販)しても、メーカーは一切関知することができません。これに対して、セールスレップ(販売代行業者)である場合には、メーカーは製品の販売を委託しているために、セールスレップが商品を販売した時点で代金がメーカーに入金され、メーカーはその成功報酬をセールスレップに支払うことになるのです。

ディストリビューターは代理店と呼べるものなのか?

代理店とは、それがどんな商品であれ、販売を代行している業種と言ってしまっていいでしょうが、この場合にポイントとなるのが、販売する商品の所有権を持っているのかいないのか、という点なのです。このために、商品の購入はせずに販売だけを代行して成功報酬をもらう「販売代行業者」は代理店と呼べても、いったん購入したものを転売する「再販業者」は代理店とは呼べないもの、ということになるのでしょうか?商品の所有権を得てからの販売(再販)を行う業者である場合には、それが販売の「代理」を行う「代理店」と呼べるのかどうか、という点が焦点となるのです。

代理店の募集は初期費用や契約の内容なども色々と違いがあるので、理想の条件を探すことが大事になります。